Q&Aを掲載しました。

【匿名等のご質問は受け付けておりません】

2021年4月19日

質問

兼題の「木の芽」には、傍題として「木の芽風」、「木の芽晴」、「木の芽道」、「木の芽雨」または「桜の芽」などの「〇〇の芽」という季語の表現がありますが、これらのどこまでが許容されるのでしょうか。

回答

季語に関連する傍題について、実行委員会ではその範囲を決めることはできません。
兼題を開示する際に付してあります注意書きのとおり、各兼題の傍題については、各々の学校でご判断ください。
(俳句甲子園実行委員会 審査委員会)