一般ボランティア

今年の第23回俳句甲子園でもボランティア・スタッフを募集いたします。
全国大会当日の運営並びに高校生たちのサポートをして頂ける方是非ご参加下さい。

募集の準備が整い次第ホームページでお知らせいたします

ボランティア風景


第22回大会ボランティア体験記


井上史菜

  俳句甲子園は母校に俳句部があったこともあり知っていましたが、実際に生で 観戦したことはなく、運営がボランティアでなされていることを知ったのも去年 でした。
 参加させていただいたのは今年がはじめてで、自分でも運営に関わることが できるか不安でしたが、事前の説明会では丁寧に業務についての説明をしていた だき、当日の朝にもリハーサルの時間が設けられていたので徐々に不安要素は減 っていきました。
 仕事の一つである句めくりは、意外とスピードが求められた作業でしたが、 他班の方が手伝ってくださったりしてなんとかやり遂げることができました。 高校生を先導する仕事もとても貴重な経験になりました。俳句甲子園に参加する 高校生は皆、堂々としていて、私の方がそわそわしていたくらいでした。緊張す るメンバーの背中をさすっていたり、体調不良のメンバーの身体を支えていたり と、表からみているだけでは気づけなかった素敵なシーンにもふれることができ ました。
タイムキーパーのお仕事も責任が伴うのと同時にやりがいのあるお仕事でした。 高校生の熱い討論に思わず聞き入りながらも、リハーサル通りペアの方と息を合 わせることができました。
 ボランティアとして高校生のサポートをしつつも、彼らの青春を間近で見届け ることができて幸せな時間でした。
 休憩やお昼の時間帯もしっかりと確保されており快適に進めることができまし た。
 ありがとうございました。