トップページ > 俳句甲子園とは?

俳句甲子園とは?

高校生にしか語れない俳句がある

俳句甲子園は、愛媛県松山市で全国大会が開催される高校生のための大会です。
一般の俳句大会と異なるのは、5人1組のチームで参加すること。また、議論による俳句の鑑賞力を競うところです。
俳句の出来映えだけで競い合う俳句大会とは異なり、高校生自らが参加し、楽しめる大会です。
是非とも参加下さい。

開催要綱を見る

大会募集要項を見る


俳句甲子園 エントリーから全国大会まで

1月〜7月

最初に

俳句甲子園に出場しよう!
まずは俳句甲子園に出場する、5人の仲間と引率の先生を集める。

4月〜5月

エントリーは俳句甲子園のホームページから行ってください。
ホームページに発表されている兼題ごとに俳句を作り、エントリーする。

6月

地方大会は出場チームのリハーサルにもなります。
全国各地にて地方大会開催。地方大会の優勝チームは全国大会に出場する権利を得る。

7月

俳句だけでなく議論も練習しておきましょう。
全国大会兼題発表。全国大会出場チームは、締切までに投句をしたら、8月の全国大会へ!

大会当日 8月

大会前日 ウェルカムパーティー

くじ引きで試合の組み合わせを決めます。
試合の抽選会。全チームの顔合わせ。全チーム敗者復活戦の作句を行う。

大会初日

議論はチームワークが重要になってきます。
4チームずつ8ブロックに分かれてのリーグ戦と、勝ち上がった8チームによるトーナメント戦を行う。

大会2日目

俳句甲子園のいいところは、勝ち負けに関係なく、良い作品に拍手ができるところ。
敗者復活戦・決勝リーグ・決勝戦を行う。そして表彰式。団体優勝だけでなく、個人賞も表彰される。

フェアウェルパーティー

来年も必ず、ここで会おう!
俳句甲子園を締めくくる全員参加の会

俳句甲子園についての質問

Q1

試合はどうやって行うの?

赤白に分かれ対戦します。各チーム一句ずつ披露し、それぞれ制限時間内に質疑応答を行います。
両方の句に対して議論が終了すると、複数の審査員が旗を揚げ判定を行い勝敗を決めます。
判定は、俳句の「作品点」と「鑑賞点」とを合計した点で行います。
Q2

鑑賞点って何?

俳句甲子園の試合は「作品点」と「鑑賞点」とで競います。「作品点」は俳句の出来、「鑑賞点」は議論の内容を評価します。
議論は赤白チームそれぞれの俳句に対して、質疑応答の形式で行います。
俳句の基本的な知識に基づいて、議論を展開できたチームが有利となります。